Theme:  着衣は私達に欠かせない事

Author: pseudonym
10 8th, 2013

着衣は文字通り服を着ると言う意味です。
着衣により私達は快適に生活を送ることが出来ています。
それは、服を着る事により、気候や生活環境の変化にも対応出来るようにもなっています。
また、仕事などで着衣を行う場合は、危険な現場や動きやすさが求められる現場でしっかりと働けるような服がチョイスされます。
これらのように、着衣は私達のあらゆる所で行われており、生活の一部と言っても過言ではありません。そして、洋服類は数多くの種類が発売されているので、それぞれ自分に合った物を選べば、素晴らしいパフォーマンスを発揮します。


それだけではなく、着衣は自分をアピールする事が出来ます。特におしゃれやファッションとしても、着衣は私達の生活と密接に繋がっています。おしゃれな洋服を着る事は、多くの人達にとってもステータスであり、または、自分を着ざる事により、何段階も上の自分を演出出来ます。
実際に都心部などでは数多くの洋服店やブティックが建ち並んでおり、多くの人々が着衣により、おしゃれや個性をアピールしています。このように、着衣はファッションとも大きく繋がっています。着衣水泳とは、服を着た状態で海や川、水面を移動したりする行動で、水着と違い特殊な状況下での水泳方法となります。水着と違い服を着ているというだけで全く普段の様には動けなくなってしまいます。
抵抗力は倍ほどに増え、着衣の重さで体はどんどん沈んでいくような感覚です。
水難ではいつも泳ぎやすい服装にあるとは限りません。事故防止対策や自己発生時の自己保全・救助法を体験しておくだけでもいざというときの心の準備ができやすいかもしれません。


着衣水泳を行う状況になった場合に大事なのは、体に余計な力を入れて体力を消耗することのないようにすることなので、目的地が見えていても焦って急いで泳いだり大きく手足を広げて泳ぐことは避けるべきである。
また、着衣のおかげで体温が保たれているという効果もあるので、邪魔だからとむやみに着衣を脱がないほうが懸命である。
また、自力で泳ぐのにも限界があるため、漂流物に捕まったりなどしてできる限り体力を残しておくことが重要である。